変形性股関節症に貧乏ゆすりを取り入れよう

貧乏ゆすりが、変形性股関節症に改善をもたらすことは、

長年のデータや研究から実証されています。 

多くの整形外科やリハビリ科で、「貧乏ゆすり」の指導が行われています。

 手術に抵抗のある方や、手術をした後の回復促進のため、

また、手術をしても改善がみられなかった場合など、

長い年月、貧乏ゆすりを続けた結果ではありますが、

多くのケースで、良い結果が得られているようです。

変形性股関節症のつらい症状から解放される可能性があるのなら、

貧乏ゆすり、試してみる価値があるのではないでしょうか。 

私の家族も、30代の頃、変形性股関節症と診断されました。 

乳児期の股関節脱臼の影響もあるとのことでした。

どんどん歩行が困難になっています…。 

とにかく仕事がきついようです。

それでも働かなければ、生きていけませんから、

仕事から這うように帰ってくると、息も絶え絶え。

見ていてこちらもつらいです…。  

気軽に出歩くこともできなくなりました。ショッピングにも誘えません…。

手術をすれば改善の余地があるようですが、

手術からリハビリまでの期間のおよそ半年、誰が養ってくれるのでしょうか。 

仕事はデスクワークではないため、仕事を辞めるか休職して手術をするか、

痛みに耐え続けるか、非常に難しい選択です。

もう、40過ぎましたから・・・。これからのことを考えると、簡単に手術に踏み切れません。

そんなわけで、変形性股関節症に症状が和らぐ方法を、色々ネットで調べました。  

そこで、発見したのが「貧乏ゆすり」。

これなら負担も少なそうだし、続けられるかもしれない、とのこと。  

しかも、貧乏ゆすり機っていうのまであるんですね!!  

何も知らない人が見れば、不思議な機械に見えるでしょうが、

変形性股関節症の方にとっては、「待ってました!」の機械ではないでしょうか。 

これなら、貧乏ゆすりを続けられそうです。

しかも、あの有名な柳川リハビリテーション病院の名医・井上先生お墨付きのマシーンです!

安くはありませんが、頑張る価値があるリハビリ機器ではないでしょうか!?

《指定管理医療機器 家庭用マッサージ器 『健康ゆすり』について》

(↑ 楽天のページに飛びます。下の方へスクロールしてください。貧乏ゆすり機についての詳しい解説があり、大変参考になります。)

 

貧乏ゆすりの効果の実例

変形性股関節症治療で有名な「柳川リハビリテーション病院」での貧乏ゆすりを実施した方の、X線による経過をご覧ください。 → こちら


貧乏ゆすりを続けたことによって、軟骨が再生されているのが確認できます。

「痛みが消失」、「可動範囲が改善」といった文字が目を引きますね…!

かなりの長い間、貧乏ゆすりを継続してきた結果ですが、

変形性股関節症は、30代と比較若い時に診断される方も多いようですから、

先を見据えて、貧乏ゆすり、がんばってみる価値あると思います!

意識的に貧乏ゆすりを継続していくのが難しいと思われる方には、

自動ジグリング(貧乏ゆすり)機を取り入れることをおすすめします。

個人で購入できます。

詳しくはこちら→《指定管理医療機器 家庭用マッサージ器 『健康ゆすり』について》

(↑ 楽天のページに飛びます。下の方へスクロールしてください。貧乏ゆすり機についての詳しい解説があり、大変参考になります。)

発売直後のため、まだあまり流通していませんが、

これから医療機関で見かける機会が出てくると思いますよ。

貧乏ゆすりの変形性股関節症への効果とは

貧乏ゆすりの変形性股関節症への効果について、説明します。

貧乏ゆすりは、ずばり、軟骨を再生してくれる役目を担ってくれるのです。

股関節に無理な力を加えずに、貧乏ゆすりによって摩擦を生じさせることにより、
軟骨を生成してくれるのです。

さらに、貧乏ゆすりは、筋肉がリラックスしている状態での運動となるため、
軟骨や筋肉に、栄養素が行きわたりやすい、ということです。

その結果として、摩擦に加え、さらに軟骨が作られやすい状況になるというわけです。

しかし、貧乏ゆすりを癖のように、頻繁に行うことが必要です。
貧乏ゆすりを意識して頻繁に…って、けっこう大変ですよ…。

変形性股関節症は女性に多いと言われていますし、貧乏ゆすりを頻繁にやれと言われても、なかなか難しいなぁと…。

もう、いっそのこと、リハビリ器を導入するような感覚で、貧乏ゆすり機なるものを購入してしまうのも手かなと思います。

最近、発売された、自動貧乏ゆすり(ジグリング)器 健康ゆすり

(変形性股関節症の関節温存手術で有名な、福岡の「柳川リハビリテーション病院」で術後に使用されている自動ジグリング器と同一のものです。)